政策・理念

佐藤まきの政策・理念

将来に対しての漠然とした不安。しかし、誰かが何とかしてくれると待っていても社会は変わらない。

私たちの不安や将来は、私たち自身で解決しなくてはならない。

だから、佐藤まきは、活動を始めました。

3point-of-policies

大垣で生活をしていく以上、より良いまちにしたい。自分のまちの事は自分で考えて行動したい。そんな思いを持って、この4年間活動に取り組んで参りました。

NPO法人の理事・事務局長として、さまざまな理由から生活が困窮した方や、誰にも言えない悩みを抱えてきた方、社会的に困難さを抱えた子ども、若者と本当に色々な方に出会ってきました。

私たち30代は子どもでもなく、円熟者でもありません。しかし、家庭を営む者として確かな責任ある世代です。

いま私たちの世代は、人口減少や雇用の不安定、育てて頂いた親への介護といった眼に見える課題だけでなく、将来に対しての漠然とした不安はぬぐいきれません。

しかし、誰かが何とかしてくれるとヒーローを待っていても、社会は変わりません。

私たちの不安や将来は、私たち自身で解決しなくてはと思っています。

子どもにツケをまわさない!


私たちには、次世代へより良い未来を繋げる責任があります。

子どもにツケを背負わせるのではなく、
豊かで将来も過ごしたいと思う、大垣市にしたい。

将来に負担をまわすことには反対します!

人口減少社会に備えを!


岐阜県でも毎年1万人程度の人口が減ってきています。

より進む人口減少社会に備え、地域の担い手を育みながら、行政も再構築していかなくてはなりません。

私は無駄を省くだけでなく、将来も全世代が安心して暮らせる大垣市を目指します!

誰もが安心して暮らせる大垣へ


子ども若者支援センターの早期設立と、40代から65歳までのサポート体制構築

家庭支援の充実で貧困の連鎖を断ち切る

生活困窮のみならず、困難さを抱えた方への寄り添い型サポートを充実